大阪府寝屋川市のゆう歯科クリニックのホワイトニング、審美歯科についてご案内します。

〒572-0035 大阪府寝屋川市池田旭町24-23

TOP > 審美歯科

審美歯科

photo02

審美歯科とは、一般歯科のむし歯や歯周病といった歯の病気を治療する目的とは異なり、歯並びや歯の色やカタチなど口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療です。

審美歯科には歯並びやかみ合わせを治すなどの実用目的のものから、白い歯、美しい口元による健康的な笑顔といった美容的な側面を目的とした治療があります。

虫歯がなくても、歯の色や口元の美しさについて相談できるのが審美歯科です。

クラウン(かぶせもの)

ハイブリッド

ハイブリッド

セラミック(陶材)の硬さと樹脂の粘り強さをあわせもった素材を使用した被せです。柔軟性があるので、奥歯のかみ合わせに適しています。保険適用のプラスティックの被せ物よりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。

メタルボンド

メタルボンド

メタルボンドセラミックとは、裏側を金属で補強したセラミック歯です。セラミック部分は、ハイブリッドセラミックではなく完全なセラミックですので、透明感に優れた綺麗な仕上がりで、また裏側が金属なので丈夫で割れにくいという利点があります。ただ、加齢に伴い歯肉がやせてくると、歯の根元部分の金属が露出し黒いラインが見えてくるという欠点があります。

オールセラミック

オールセラミック

金属を使わないセラミックだけでできたかぶせ物です。より自然な色合いと形を再現いたします。永年の使用にも変色せず、天然歯の美しさを保ちます。セラミックを使用するという点ではラミネートベニアと同様ですが、より効果の大きい改善が可能です。 また奥歯などの治療に関しても、従来の金属製のかぶせ物と異なり、金属アレルギーを引き起こさないというメリットがあります。

ラミネートべニア

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯表面を0.5mmほど削り、その上に貝殻状の薄いセラミック板を貼り付け、 変色している歯の色調などを整える治療法です。歯 の色がくすんでいたり、ケガなどで歯の一部が欠けたりの悩みには、セラミックの薄片を貼り合わせることで解決します。天然歯の形、健康的な色つやに再現します。

インレー(つめもの)

ハイブリッドインレー

インレー(つめもの)には従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。ハイブリッドインレーはセラミックとプラスチックを掛け合せた素材で製作しますので、色調、強度とともに優れています。色調や透明感を天然歯そっくりに加工できるので、元の歯と違和感なく作ることができます。まるで治療をしたと分からないほど審美性の高い詰め物です。

セラミックインレー

セラミックインレーとは、虫歯治療などで虫歯による浸食部分を削ったあとにセラミックを詰める治療法です。保険適用範囲の治療であれば、いわゆる「銀歯」を詰めるのが一般的ですが、自然歯に近い色調を持つセラミックを詰めることで、 自然な外観をキープすることができます。また、陶質であるセラミックは従来の金属製のかぶせ物と異なり、金属アレルギーを起こすことがなく、 安心して治療を受けることできます。

PMTC

歯周病の予防には、歯ブラシで歯と歯肉の隙間を磨くことが一番!ということは皆さんご存知だと思います。
しかし最近もう1つ歯周病や虫歯の予防に大変役に立つことがこの「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaning)だと言われるようになりました。

毎日ブラッシングを行っていても知らず知らずのうちに磨き残してしまう汚れがあります。

「PMTC」は専用機器を用いて歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分もキレイに磨き上げてきれいにクリーニングすることです。

歯石を取るような治療ではなくあくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。

PMTCには、むし歯や歯周病を防ぐはたらきだけでなく、改善、歯質の強化とともに、歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ、などの効果があります。

こんな方におすすめです!

  • 治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい方
  • 歯周病の治療が終わっている方
  • 矯正中の方
  • 被せ物やブリッジなどがある方

PMTCの効果

  • きれいな歯を保ち口臭を防ぐ
  • むし歯や歯周病の予防
  • 歯についたタバコのヤニ、茶渋、などの色素を除去できる
  • 歯の詰め物が長持ちする
  • 歯質が強くなる

プロが行うPMTCは歯に付いた汚れを完全に落とすから効果的です!

北欧やアメリカなどPMTCを数十年前から行ってきた予防歯科の先進国では、多くの高齢者が入れ歯に頼らず自分の歯でおいしく食べており、PMTCが歯の健康を保つのに効果的であることが実証されています。

PMTCの流れ

STEP1 歯のチェック

歯の汚れ(プラーク)を染め出し、現在のお口の状態を説明します。

STEP2 クリーニング

フッ素入りの研磨ペーストを、汚れが溜まりがちな歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目に注入。
専用の器具を使って歯の表面のヤニや茶渋などの着色汚れを取り、歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧に磨きます。
セラミックや金属のかぶせ物は、傷がつくためケンマは避けます。

STEP3 仕上げのフッ素コート

歯の汚れをキレイにしたらフッ素コーティングをします。
PMTCの後は、歯へのフッ素の浸透がとても良く虫歯の予防効果が高まります。

STEP4 担当歯科医師からのアドバイス

最後に、家庭でのブラッシングの指導や今後の計画を話し合います。

トップへ戻る